腰の筋肉の休息と寝返りの関係とは?

成人の場合、人によって多少の違いはあるものの、睡眠中に20〜30回程度の寝返りを打っているといいます。
睡眠中、長く姿勢が変わらないままだと、局所的な圧力がかかり、筋肉の疲れや血液、リンパ液のめぐりが滞りやすくなります。
このような問題を回避するために、脳が体に命令をして体勢を自然に変えてくれているのです。
そうすることで特定部位ばかり圧迫されるのを避け、偏りが生じた血液などのめぐりを正し、筋肉を休ませてあげることができているのです。

快適な寝心地で、自然な寝返りを実現するために重要なのは寝具です。
横たわったときにマットレスに体が沈み込んだり、マットレスの幅が足りなかったりすると、自然な寝返りが打てません。
すると腰痛を引き起こす原因になってしまいます。
もしも現状でツライ腰痛があるということでしたら、お使いのマットレスに問題があることを疑い、新調を考えてみるといいかもしれません。
腰の痛みが気になる方で、自然な寝返りを求める方には、モットンのような高反発マットレスが適しているでしょう。