事故の賠償金には3つの基準があります

交通事故の示談金には3つの基準があります。
それぞれ自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士会基準といいます。
最も示談金が低額になるのは自賠責保険基準です。
自賠責保険基準ほどではないものの低額なのは任意保険基準、最も高額な基準が弁護士会基準です。
保険会社によって提示される金額はほぼすべて、自賠責保険基準や任意保険基準です。
最も高額な弁護士会基準とほかの基準とでは、数十万〜数千万円の違いが生じることになります。
事故後には弁護士会基準での金額を手にするため、弁護士の力を借りての請求をするに越したことはありません。

ここまでの情報でくわしいことを知りたいと思った人は、交通事故賠償金算定センターの情報を見てみましょう。
はじめての人でもわかりやすい、3つの基準に関する詳細情報はもちろんのこと、弁護士会基準による金額の目安を自分で計算してみることが可能な、賠償金無料診断が用意されています。
診断システムの監修は法律事務所というのも、このサイトのひとつの強みといえるでしょう。
サイト経由で法律事務所に相談まで行なえるようになっていますので、まだ事故被害に遭っていないという人もいざというときのために押さえておいて損はありません。