防犯フィルムを選ぶときのポイント!正しい防犯対策

泥棒対策のために防犯フィルムを検討する方もいらっしゃると思います。
フィルムを選ぶときの大事なポイントは、フィルムの厚みです。
327ミクロン以上のものが望ましく、侵入までに5分以上かかるようにするのが望ましいです。
5分以上侵入に時間がかかると、泥棒が諦めやすく近所の方が気付く可能性があり防犯効果があります。
注意点は窓の一部分ではなく、窓全体に貼ることです。
セキュリティー会社やホームセンターで商品を求めることになりますが、ホームセンターで求める場合「飛散防止フィルム」や「目隠しシート」と間違えないように注意が必要です。
防犯フィルムを貼るときは、施工用にヘラを準備しておくとよいでしょう。
自分で施工するのに不安な方は、セキュリティー会社に相談してプロに任せることをおすすめします。
フィルムを貼ること以外にできる窓の防犯対策は、鍵を一個から2個に増やすということがあげられます。
単純に開錠時間が2倍になるので、侵入までに時間がかかるのです。
被害にあう前に対策をして、強盗によるピッキングや窓ガラスを割っての侵入から大切な家と命を守りましょう。
窓からの侵入を防ぐことができるフィルムはとても安心感があり、家が留守になりがちなお宅におすすめの防犯対策になります。
http://ie-security.com/