不安に思ったり疑問に思うならば適格退職年金の相談をしましょう。

会社員を雇用している事業者のなかには定年を迎えた労働者に対しまして退職年金というのを支払っているところもあるかもしれないですね。
そんな退職年金でありますが、その退職年金をめぐりまして税制適格年金制度というのがあるのだそうですが、その制度が2012年3月で廃止されるのだそうですね。
そんな廃止されるこの制度でありますが、廃止されますと、経営側にとりましては税制面などでの負担が重たくなるわけですが、ただ負担が重たくなるだけではなくてどうやって移行したらいいのか困っている人も少なくないでしょう。
そんなわけで「適格退職年金」にするにはいかにしたらいいのかをアドバイスして支援してくれるところがありますので気になれば相談などされるといいでしょう。